苦しみからの解放

このところ 梅雨に入って 雨の日も続いています 雨の日になると おとうちゃんは すっかりうつになってしまいます 1日の半分以上寝ています 偽とても大変です それでもお父さんは なんとかかんとか仕事をしたり ご飯を用意したりしています 最近はお仕事をする元気がなくて かなり休んでいました 更年期障害は大変な病気です おとうちゃんの更年期障害の症状が 出ていたので おとうちゃんは本当に本当に苦しみました もうこれ以上は食べられないの と思って おとうちゃんは 川口駅前のドラッグストアで 命の母を買いました そしたら それを聞いておとうちゃんの更年期の障害は かなり改善されました ひどいイライラがなくなりました お風呂に入っても汗をかかなくなりましたし 体温調節が出来るようになりました とてもよかったです おとうちゃんの心が落ち着いたので おとうちゃん自身がとてもたす買っています 体の体調もだいぶ落ち着いたので 本当にたす買っています おとうちゃんがおだやかであると おかあちゃんもおだやかになります おとうちゃんは本当はおだやかな人 です 病気とトラウマのせいです おとうちゃんは歩いていましたが 今はれていません

愛するひとが敵にまわってしまうこと こんなに悲しいことはありません そんな悲しいことをおとうちゃんは ずいぶん長くくるしみました それでもなんとか我慢して この5年間おとうちゃんは頑張ってきました そして 5年目に予約 その問題が解決しました おかあちゃんの お姉さんと おとうちゃんと もう二度と お話することもないし 会うこともないのです お母さんのお姉さんは おとうちゃんにとっては あまりにもひどい人でした 一番最初にあったときも おとうちゃんは共産党員でしたね 赤と呼ばれたり 赤というのは差別用語です それから 度々 ひどいことを言われたつけました おとうちゃんの心は 本当に傷つきまくっていたのです そのせいで お父さんはお母さんと喧嘩をしていたのです でもそんなことももう終わりです もう二度と 敵と会うことはないのです今もおとうちゃんは敵を憎んでいますし それでいいのだとおらも思います

両親

睡眠剤が見つ部に入っても ぐっすり眠れるようになりました 不眠症は本当におそろしくて 睡眠剤はつければ追うこと 脳細胞を破壊していきます 私も嫁も印象ですが 最近二人ともよく眠るようになりました 私はこれで2度目です ところで 今日は父の日です 田舎に住みたい そして家族全員で暮らしたい いろいろな仕事を手がけています 子供の頃から 新聞配達とか チラシ折り 仕事の一部をほんのわずかながらでも 仕事 手伝えることができたのは 子供ながらにうれしかったの 思い出します 怒られたことはあまりありませんでした 怒るのはいつも母でした 私の家族は ちょっと変わっていましたが それでも両親は離婚せず 私は大学にまで行かせてもらい弟の面倒をみています そんな両親に心からありがとうと言いたいです 私がこれまで生きてこられたのも両親あってのことです
もちろん喧嘩もしたし、怒られもしました 壮絶な親子原価でした それでも愛が残りました

命の母

最近ずっと家に引きこもっていたので 昨日は外出して買い物をしたりして 命の洗濯をしてきました ずっと夢の姦病していて 仕事もずっとしていて おまけに家事もしていたので 自分でも知らず知らずの間に 相当ストレスがたまっていたと思います 更年期障害も大変ですごくて この1年間というもの 更年期障害には大変なされました 本当に更年期障害は怖いです ものすごくイライラするし 体は常にホテル4 汗をたくさんかく 自律神経がおかしくなってきます どうして一年間もほっといたかというと 協同病院の 産婦人科がとても混むからです3時間40分後本当に辛いのです 私は病院で待たされるのが大嫌いです 三藤観に行けばよかったのですが 南浦和なので バスで30分 電車で20分 歩いて5分 片道1時間 これだけでとても面倒くさかったので 昨日ものすごく調子が悪くて 死にたいとおもったので これは本当にヤバいと思って 川口駅前の ドラッグストアで 次に命の母を買いました 更年期障害の克服 命の母 本当に効くかどうか分からなかったので とりあえず700円分買いました 1日二十二条 そしたら劇的に良くなりました