節約の前に思うこと

家庭の事情が変わり、私が財布を握ることになりました。
そんなわけで、私の口座から、電気代、新聞の購読料、上下水道代など、諸々の料金が引き落とされるようになります。
引き落としをきっかけに、私は今までは気がつかなかったことに目が向けるようになってきました。それまでは、節約について大まかなことしか考えていませんでしたが、考えを変えるところまでになっています。
野菜や花を買っていましたが、今度は育てることを検討しています。
収入と支出のバランスを考え始めるようになりました。
私が一番気にしているのは、将来の支出です。リフォームもしくは家の建て直し、施設に入る可能性もあります。
田舎暮らしですので、クルマを新たに買うかもしれません。
病院通いが頻繁になって、仕事が変わることだってなきにしもあらずです。
将来へは不安な要素が何かとあります。ただ、不安がっているようでは、将来にまっとうに臨むことができないでしょう。
いらない支出はカットして、できれば収入を増やすようにすることを考えていかねばなりません。前向きに将来を考えることは、明るい節約とつながっていると思います。
将来は、私たちにはどうすることもできません。
ただ、準備をしておくことなら可能です。将来に備えて、入るお金を増やし、節約していくことで、良い方向へ向けられると信じています。
プロミス 横浜

クレジットカードの怖さを知りました。

主人と結婚する前の同棲中の時、主人はよく仕事を変えていました。その為、お給料がない月があったり、極端に少ない月があったりしました。お互いにお金使いが荒い方だったので、生活費がなく困ることになってしまいました。
そんなとき、たまたまクレジットカードの勧誘があり、作ってみることにしたんです。
生活費が足りなくなったらカードで払う。支払い方法はリボ払いです。カードで払うと、直接現金が減らない為、なんだか得しているような気になっていました。次第に、現金が欲しくてゲーム機をカードで購入し、それを売りに行って現金を得たりもしました。これを繰り返していたらある日、翌月の支払い予定額がとんでもない額になっていました。
限度額を超えると、超えた分が上乗せされて一括で払わなければならないのです。
まだ若かった私達はとても驚いてしまい、なんとか支払いは済ませましたが、クレジットカードの恐ろしさを知りました。
今だに、支払いの中でも1番金額が大きいので、この支払いがなければ、と思うことがよくありますが、若いうちに勉強できてよかったかなとプラスに考えるようにしています。
今では主人も安定して仕事に行ってくれているので、私はたまにパートに行きつつ、ちまちまと節約生活を送っています。
引っ越し資金 借りる